会社のオーナーは、個人の財布と会社の財布が一緒ではいけません。

「複式簿記」での帳簿づけが必要で、決算時の書類作りは大変です。

 

・会社のサイフと個人のサイフを分ける
個人事業主時代の経理処理は、個人商店の収入や支出を単に追えば正しい結論に出会うことができます。
しかし、法人成りした場合、そう簡単にはいきません。
会社(法人)という別人格のサイフと、社長個人のサイフはまったく別物です。

社長のサイフの中がスッカラカンだからといって、会社からお金を融通してもらった瞬間に「役員賞与」となります。

役員賞与となった場合、個人に所得税が課税されてしまいます。

また、役員賞与の場合は、会社の経費として認めてはくれません。
「じゃあ、借りたことにすればいいんでしょ」という逃げ道があるかもしれませんが、じつは、これも危険です。
たとえば、銀行から会社がお金を借りていて、そんな大変なときに、社長に貸した「社長貸付金」なるものが帳簿に残っていたら、銀行側はなにを思うでしょうか。

「会社の資金繰りのためを思ってお貸ししたのに、それを個人で使っちゃっているのですね」なんて疑われはじめたら、会社の信用度なんてガタ落ちです。

それに、「じゃあ、本当はもっと役員報酬をとりたいのに、とれないんだな」と、実態としての不安定さを露呈する結果にもなってしまいます。
面倒でも、社長と会社のサイフを分けること。

このことに違和感を覚える方は、まだまだ社長の器になっていません。

会社を作ることは考え直したほうがいいでしょう。

健全な商売に、健全な帳簿あり。

社長が身を律してこそ、安定的で信頼のある組織ができあがってくるのです。

 

・「複式簿記」とは?
「簿記」と聞いただけでアレルギー反応を起こす方もいらっしゃいますから、言葉を選んでカンタンに説明しましょう。
個人事業主時代は、商売の収入と支出を明らかにすれば、なんとか確定申告をすますことができました。

現金出納帳や預金出納帳、経費帳といった帳簿を使って売上や経費などを記録することですんでいました。

このやり方を「単式簿記」といいます

一方、もっと手間のかかるやり方を「複式簿記」といいます。
たとえば、売上を獲得すると、お金が増えますよね。

仕入を支払うと、お金は減ります。

「売上の獲得」と「お金の増加」、または「仕入れの支払」と「お金の減少」という2つを同時に考えるやり方が複式簿記の基本です。
これは、1つひとつの取引が、それぞれ会社の資産や負債を増減する「原因」となり、収益や費用がいくらかかったという「結果」となる考え方です。

この二面性を同時に認識して記録を残す方法を「複式簿記」というのです。

 

・会社は「複式簿記」で記録する
個人事業主の場合は、複式簿記で記録しなくても確定申告をすますことができました。
しかし、会社では必ずこの複式簿記を採用しなければなりません。
ただ単に、決算日にお金を数えたらいくらだったとか、借金の残高はいくらだったとかでは、法人税法の世界では通用しません。

法人税法が求める帳簿や決算書は、複式簿記を基本としたお金の流れの立証性に長ける経理処理を求めているのです。

 

・複式簿記で記録することは大変?
あなたが個人事業主時代に、単式簿記で記録していたのなら、複式簿記の概念を理解することに苦労するかもしれません。
でも、これまで個人事業主として経理処理をしてきたのですから、カンタンな取引ならばすぐに覚えられると思います。
たとえば、現金で1万円売り上げた場合などは、すぐに理解でき記帳もむずかしくないでしょう。
「売上:1万円、現金増加:1万円」という記録をすればいいだけですから。
しかし、売上1万円が、振込手数料の315円を差し引かれて、銀行口座に9685円振り込まれたとしたらどうでしょうか。
個人事業主時代は「売上:1万円」を預金出納帳に記録し、「支払手数料:315円」を経費帳に記録すればOKです。
法人の場合は、「売上:1万円、預金増加:1万円」と「支払手数料:315円、預金減少:315円」を記録しなければなりません。

この仕組みを覚えるのって、結構最初は時間がかかるモノです。
でも、そんなに心配はいりません。

最近はパソコンの会計ソフトがありますので、個人事業主時代に覚えた簿記の知識があればそれほど手間はかからないからです。